バリウム水を飲みます

今日は一年に一度の健在お越しの日光。事前予約してあった健在お越しの医者へ行きました。
こういう健在お越しの医者、紳士とおばさんで、完全にところが別れていて、逢うことも薄い様に作られていました。
エレベータを出るといった、大勢のナース氏が迎えてくれました。
「靴はロッカーに入れて、ロッカーの中にスリッパがありますので履き替えて下さい。」と言われました。
あたいはその言葉通り、手近なロッカーを開けて靴を入れましたが、中にスリッパが無いのです。
そうして、とっさに、違うロッカーを開けると、そこにはスリッパが入っていましたので、手早く靴を入れ替えて、何事もないかの様にロッカーに施錠しました。
そうして、ナースが受付までエスコートしてくれました。
着替えを済ませて、着替え室から出るといった、「ご案内担当の◯◯だ。設定ができましたらお呼びいたしますので、ちょっぴり、こちらの縁台でお待ちください。」
フンワリの椅子に腰掛けて、知り合いを見まわすといった、あんまり清潔なところといった今更気づきました。
平年思いますが、健在お越しの場所って、秀麗ですよね。
それから呼ばれ、「血圧」「身長」「ウエイト」「視力」「聴力」と一連の診察が進みました。
その中で心配だったのが「血圧」の調査。
手に付けられたICタグをピッとかざすといった、私の呼称が表示されて、自動的に診察好機が私の数値を記録していきます。血圧は120/87。去年によって円滑数値になって安心。
再び「心電図」「採血」「眼底」って診察が続きます。
そうして、私の内輪のレギュラー事柄「胃のX線診察(バリウム診察)」だ。
胃の診察の座敷に入るといった、では筋肉注射。これも毎年の事ですが、最近から始まる緊張感と注射の痛さが入り交じります。
そうして、客席の上に乗って、発泡剤といったバリウム水を飲みます。
腹が膨張する感じになります。それと共々、客席が背後に倒れて、ぐるぐる回って。
いやぁキモイ。
も、これで何もなければ、また年間は安穏って言い聞かせ、こういう事柄がエンドとなります。
ではまた来季と言いながら、エンドとなりました。http://bratwurstbude.com

コメントを残す